くぼログ

みなさんのためになる情報を発信する情報ブログです。

社労士試験 合格に必要なのは家族の協力 

本試験になぜ、受かることが出来たんですか?

どうやったら受かりますか?
と聞かれます。


私は、「この勉強がおすすめだよ。」と答えてしまうことが多いですが、


実は、家族の協力のおかげなのかもしれません。

(試験勉強で一番感謝するとしたら、私を応援してくれた家族(嫁さんと子供達)だと思います。)
f:id:sharoushi-kj:20190211110729j:plain


体験談になりますが、


私の場合は、毎年6月~8月にかけては

模試+復習、直前対策(法改正、横断、統計白書)、選択式演習など
社労士の試験の仕上げと総復習

仕事終わってからの時間休日の時間は模試を受けに行ったり、社労士の勉強に充てたため、

家族との時間はほとんどありませんでした。

(夏休みに海など連れていってあげられないことは、ほんとに
申し訳なかったなぁと思います。。。)

でも、この時間が、合格ラインにのせるための大切な仕上げの期間なんです。



私はこれを2、3年続けてきました。


家族からも『もう社労士の勉強なんてやめてっ!!』
とも言われました。


それでも、諦めないで勉強し続けて
ようやく合格することができたんです。


そのおかげで
今は家族の時間の借金を返済中ですが。。。(笑)



ご家族がいる中で勉強している方は、
ほんとに大変ですよね。
子供の面倒をみたり、寝かしつけたり
勉強できない時間がたくさんありました。


でも、それをハンデだと思わず、
家族のために合格するんだと思って頑張ってください。

そして、社労士試験の受験のご家族のみなさん、
少しだけ勉強する時間の協力をお願いします。



※社労士の勉強では、暗記するのが大変ですよね。

 原則について覚える内容が多いときは、

 それ以外の例外を覚えるようにします。

 例外部分が出なければ、原則と判断するといいですよ。