社労士試験合格の丘

4年半社労士試験の勉強して、第50回の試験(5回目)でようやく合格することが出来ました。資格の学校にも通い学習してきましたが、最後の年は独学で合格しました。私が勉強してきた勉強方法や知識をみなさんに提供できたらと思ってブログを作りました。社労士試験の受験生のみなさんが一人でも多く合格出来ますように!!

社労士 国庫負担を横断してみます 覚え方

 

みなさんこんにちは。

 

社労士試験における国庫負担(補助)についてみてみたいと思います。

 

f:id:sharoushi-kj:20190614233536j:plain

 

国庫負担(補助)は、『事務費の負担』と『給付費の負担』で分かれます。

 

【事務費】

■各法律     

・原則 予算の範囲内 全額国庫負担

 

■国民健康保険法 

・国保組合  全額国庫負担を行う

・都道府県等 国庫負担は行われない

 

■介護保険法  

・国庫負担は行われない

 

【給付費】

■労災法   

・予算の範囲内で費用の一部を補助

 

■雇用保険法

・求職者給付 4分の1

・広域延長給付 3分の1

・日雇労働求職者給付 3分の1

・育児休業給付 8分の1

・介護休業給付 8分の1

・職業訓練受講給付金 2分の1

高年齢求職者給付は国庫負担なし

当分の間 100分の55

平成29年度から平成31年度まで 100分の10

 

<覚え方>

求4(きゅうよ)もらって

広日(コーヒー)の3(のみ)に

育介8~(いくかいやー)

職2(しょくにん)

 

■健保法

・協会けんぽ 給付費 1000分の164

・健保組合 給付費 国庫補助は行われない

 

■国年法

・基礎年金の給付費用 2分の1

 

 免除

・1/4免除 7分の4

・2/4(1/2)免除 3分の2(6分の4)

・3/4免除 5分の4

・全額免除 4分の4

・20歳前障害 60%

 

■厚年法

基礎年金拠出金 2分の1

 

以上が国庫負担(補助)の横断についてです。