くぼログ

みなさんのためになる情報を発信する情報ブログです。

軽減税率の対象商品とは 電子マネーやキャッシュレス決済がお得!!  

消費税が10%の時代になりましたね。

 

10,000円の『もの』を買うのに消費税が1, 000円もかかります。

 

よく考えると税金って高いんだなと感じます。

 

日々の買い物では、知らないうちに課せられていますが、損をしないためにも少し消費税について勉強してみたいと思います。

f:id:sharoushi-kj:20191004000021j:plain

 

 

 

 

 

 

軽減税率とは?

 みなさんは、軽減税率はご存知ですか?

 

令和元年10月1日から消費税が10%になると同時に軽減税率がスタートしました。

 

10%へ税率を引き上げに伴う低所得者への配慮の観点から『酒類を除く飲食料品』と『定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞』を対象に一部の商品の消費税を8%に軽減したことを軽減税率といいます。

 

 

もともと消費税は、消費税と地方消費税に分かれています。

 

令和元年10月1日からは、軽減税率8%(消費税率6.24%+地方税率1.76%)と標準税率(消費税率7.8%+地方税率2.2%)の2本立てとなっているんです。

 

 

軽減税率の対象品目

次に、軽減税率の対象品目についてみていきたいと思います。

f:id:sharoushi-kj:20191005073607j:plain

 

軽減税率は、次の①と②の品目を対象としています。

 

①飲食料品

 軽減税率の対象となる飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除く。)をいい、一定の要件を満たす一体資産を含みます。ただし、外食やケータリング等は対象品目には含まれません。

 

 

②新聞

 軽減税率の対象となる新聞とは、一定題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される者で定期購読契約に基づくものをいいます。

 

 

もう少し軽減税率の飲食料品について、詳しくみてみましょう。

 

①飲食料品とは、一般的にはこのようなものです。

  • 米殻や野菜、果物などの農作物、食肉や生乳、食用鳥卵などの畜産物、魚類や貝類、海藻類などの水産物
  • めん類、パン類、菓子類、調味料、飲料等、その他製造又は加工された食品 
  • 添加物(食品衛生法に規定する物)
  • 一体資産のうち、一定要件をみたすもの

 

※酒税法に規定する酒類、医薬品、医薬部外品、再生医療等製品を除く→よって消費税10%

 

簡単に消費税8%の対象となる飲食料品について、理解してもらえたと思います。

 

 

 

一体資産とは? 

次に、一体資産とは何なのか?

 一体資産とは、飲食料品と飲食料品以外のものがセットで売られている商品のことです。

 

この場合、消費税が8%なのか10%なのか判断ができないですよね。

 

 

 一体資産の場合、消費税が8%となるためには、2つの基準があります。

 

一つ目は、セット価格が税抜きで1万円以下であること。

 

もう一つは、一体資産のうち食品価格がセット価格の3分の2以上であること。

      食品 / セット価格 ≧ 2 / 3

 

以上の二つの要件を満たすと一体資産でも消費税が8%となります。

 

 

 

外食(イートイン)とテイクアウトについて

f:id:sharoushi-kj:20191005074523j:plain

 一般的には、飲食料品から除かれる外食とケータリングには、次のような説明があります。

 

外食とは

飲食店営業等、食事の提供を行う事業者が、テーブル、椅子等の飲食に用いられる設備がある場所において、飲食料品を飲食させる役務の提供

→飲食店内での飲食は10%

 

ケータリングとは

相手方が指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供

 →屋台での飲食や出張料理先での飲食は消費税10%

 

 このように、外食やケータリングは、消費税が10%となります。

 

これに対して、テイクアウトする場合は消費税が8%となります。

 

安く済ませたいのであれば、テイクアウトをして家に持ち帰って食べるか、公園や会社で食べる方ことをおススメします。

 

 

マクドナルドの軽減税率対応について

マクドナルドでは、一部商品の値上げを行う代わりに、『イートイン』と『テイクアウト』で同じ税込価格でのご提供をしています。

 

消費者にとっては、わかりやすくとてもいいアイデアだと思います。

 

価格表示についても全てのメニュー表において税込価格を表示して、消費税は内税方式とすることでいちいち消費税の計算もする必要はありません。

 

例えば、550円のバリューランチ

イートインでは、税込み価格550円(内税55円 10%)

テイクアウトでは、税込み価格550円(内税44円 8%)

と税込み価格表示なのでレシートも見やすいですね。

 

外食する際は、マクドナルドのように消費増税・軽減税率対応をしているお店を選ぶことで、お得に食事をすませることができますね。

 

 

 

支払いは電子マネーやキャッシュレス決済を利用

f:id:sharoushi-kj:20191005073939j:plain

10月1日からは所得税の10%だけでなくキャッシュレス・消費者還元事業が導入されたことはご存知でしょうか?

 

キャッシュレス・消費者還元事業とは、加盟店でキャッシュレス決済で商品の支払いをすれば2%、もしくは5%がポイントとして返ってくる制度のことです。

 

キャッシュレス決済のメリットは、支払いが簡単なことです。キャッシュレス決済にすることで、おつりを用意すること必要もなもなくなり会計がめちゃくちゃ簡単です。登録することでクーポンなどももらえるので、ぜひ登録して支払いをしてみましょう。

 

私は、iDでよく買い物をします。今日コンビニで飲み物とお菓子を買ったので、その時のレシートをみてみましょう。


f:id:sharoushi-kj:20191004220135j:image

こんな感じで、キャッシュレス還元で4円分の割引がありました。

 

みなさんもキャッシュレス還元を利用してみるとお得に買い物ができます。

 

今回は、

軽減税率とは?

8%になる対象商品

キャッシュレス決済の方がお得に買い物できることをブログにしてみました。

 

読んでいただいてありがとうございました。