くぼログ

みなさんのためになる情報を発信する情報ブログです。

マイホームブログ 浴室は、LIXIL アライズにしました。

私の住んでいる2DKのアパートは、築20年近く経っています。

室内は、リフォームしてあるので、比較的キレイな感じです。

 

ただ冬になると、お風呂が寒い。。。

浴槽のサイズは小さいので足を伸ばして入ることが出来ないです。しかも、すぐにお湯が冷める。(追いたき付きじゃないので)

 

さらに、子供二人をお風呂に入れるのでかなり狭い感じで入っています。

 

早くマイホームのお風呂に入りたい。

 

f:id:sharoushi-kj:20200119233452j:plain

 

今、マイホームの浴室は、『LIXILさんのアライズ』にしています。

 

私はアイフルホームで建てるので、設備関連のものは全てLIXIL商品から選ぶようになっています。

当然価格も同じLIXILグループなので安くなります。

 

アライズはタイプ別に商品が分かれていますが、Zタイプが標準的な機能を満たしている商品です。

アライズにするならZタイプ以上で選びたいですね。

 

ちなみに、我が家では、Z1616の仕様だそうです。

ですので、アライズ Zタイプの特徴を簡単にまとめてみます。

 

<デザインパネル> 

 まず、このアライズですが、1面はデザインパネルが選べる仕様になっています。正面の壁の面を自分の好きなデザインにすることができます。(全面デザインパネルにすると、オプションになります。)

 

<サーモバスS仕様 > 

 浴槽と蓋が、ダブル断熱構造でお風呂のお湯の温度が冷めにくい仕様になっています。

 

 <あったたかパック> 

天井・壁・床が保温材で囲まれ、温かい状態が維持できる。

 

<換気乾燥暖房機付き>

 バスルームをすばやく温め、冬場は浴室内で洗濯物を干すことも可能です。

 

 <キレイサーモフロア>

 お掃除がらくらくな床で、冬場も床がひんやりしない。

 

<排水くるりんポイ>

 渦を巻いて排水するため、排水溝にヌメリがつきにくい

 

<浴槽>

 浴室のサイズがZ1616であれば、ミナモ浴槽からエコベンチ浴槽へ変更できます。

毎回使う水分量を考えるならエコベンチ浴槽にするといいです。

 ミナモ浴槽 → 満水 301L、70%  190L

 エコベンチ浴槽 → 満水 260L、70% 157L

 

 <丸洗いカウンター>

  カウンターを丸ごと壁から簡単に外し、洗うことができます。

 

<エコアクアシャワー>

 シャワーから出る水滴に空気を含ませ、心地よいシャワーを浴びることができます。また、超節水で水道も抑えることができます。

 

<フルフォールシャワー>

 ポールの好きなところで上下に移動して、シャワーの位置を固定することができます。

 

 

 

以上が、アライズ Zタイプの標準仕様になります。

 

 

私が一番重視しているのは、やっぱり浴槽が冷めにくいサーモバスSがついていることですね。

あとは、浴槽はエコベンチ浴槽にして、座ったり、足を伸ばしたときに足をのせられるしました。

 

 

デザインパネルについては、1面のみ木目のオンダガタライトペールにして、床の色をベージュにしてみました。

 

オプションで全面にしなくても、デザインパネルと床の色をそろえることで、2面をアクセントにすることができます。

 

 

実際に、設備を決定する際には、LIXILのショールームで商品を見せてもらえると思うので、説明を聞きながら決定していくと良いと思います。